コンパクトな家の魅力的なファサード

Offerte aanvragen

Ongeldig nummer. Controleer de landcode, het kengetal en het telefoonnummer
Door op 'Verzenden' te klikken, bevestig ik dat ik de Privacy en cookiebeleid heb gelezen en ga ik ermee akkoord dat de voorgaande informatie zal worden verwerkt om mijn verzoek te beantwoorden.
Opmerking: u kunt uw toestemming intrekken door privacy@homify.com te e-mailen.

コンパクトな家の魅力的なファサード

Aya F. Aya F.
Huizen van Pfeiffer Architekten
Loading admin actions …

住む人にとって一番大切なのは家の内装、内構造ですが、それ以外の人にとってその家のインパクトとなるのはファサードです。道に面する家の壁面は、まさに家の顔。隣り合う家々と差別化するためにも、外にアピールするファサードの姿は道行く人の目を楽しませたり、訪ねてくる人の目印となったりと、欠くことのできないデコレーション的役割を果たします。日本の都市部によく見られるコンパクトな家では、特徴的な「家の顔」を持った個性的なお宅も多いようです。今回はそんなコンパクトな家のファサードを集めてみました。

白い壁に木のアクセントで個性的に

木の家は、目にも体にも心地よい空間です。最近の都市部に建つ小さな住宅では、さすがに外観から木造の家はあまり見られませんが、それでも部分的にウッディなテイストを用いることはよくあります。こちらはIDO, KENJIARCHITECTURAL STUDIOの手によるHouse F。両隣のごくありふれた住宅に比べて、スクエアフォームでシンプルな印象の白いファサードですが、テラスの目隠しとなっている木製のすのこ状の壁面と駐車場奥にかすかに見える木製のドアがアクセントとなっています。モンドリアンやクレーの抽象画を思わせるようなファサードです。

Photo: Takumi Ota

細長い空間にガラスで開放感を

東京都内、特に23区内では驚くほど狭い土地に家が建っていたりして、世界中の注目を集めています。こちらのお宅も、T型の変形敷地をうまく利用して建てられています。道路から玄関までのアプローチと、その奥のガラス張りのファサードが、コンパクトなお宅ながらも広がりを感じさせる造りになっています。正面から見るとわかりづらいですが、上の階に行くに従い手前にせり出すような構造にすることにより、居住スペースもより広く確保されています。思わず目が留まるスタイリッシュなファサードです。

道路側を敢えてシンプルに見せるコンクリートのファサード

上記の道路に向かって見せるガラスのファサードとは対照的に、こちらの住宅では窓もあけず、コンクリートとライティングのみで魅せるシンプルなファサード。RC造と呼ばれるコンクリート構造の建物ですが、よくある打ちっぱなしのコンクリートではなく、木目調のコンクリートで、何枚もの木の板を表面に貼りつけてあるかのようなストライプの壁面は、それだけでも印象的ですが、微妙にずらして配された壁面の間からのライティングが建物の素材の魅力をより引き出しているかのようです。

典型的な昔風ヨーロッパの小さなおうち

One Bedroom Wee House Exterior van The Wee House Company Klassiek
The Wee House Company

One Bedroom Wee House Exterior

The Wee House Company

場所はかわってイギリスの小さなおうちです。童話などに出てきそうなこちらのお宅は、ベッドルームが一つ、リビングルームにキッチン、バスルームのとてもシンプルな構造です。ピカピカと艶のあるダークブルーの壁に白い窓枠、白いドア、グレイの屋根が青い芝生と明るいブラウンの敷石に映えていて、まるでおとぎ話の中に飛び込んでしまったように感じられます。窓辺や玄関先に飾られた花も、とても手入れの行き届いたお宅のようでポジティブな印象を与えます。壁の色がもう少し明るいトーンですと、北欧チックなお宅になりますね。

モダンな山小屋

ヨーロピアンな山小屋というと、ハイジのおじいさんの家を思い浮かべる方も、世代によってはいらっしゃるのでは?こちらはオーストリアの山小屋です。周りの環境は森のそばのアルプス風ではありますが、建物はいたってモダン。明るい色のコンクリートの足場の上に黒い焼き板を使った積み木を重ねたような形の家が乗っているようです。コンパクトでとてもミニマルなイメージのお宅ですが、内装には白木が使われており、モダンでとても明るくなっています。でも闇夜には隠れてしまいそう。まさに隠れ家?!

Photo: Jens Weber

メルヘンチックな木のおうち

こちらも同じく木を使ったヨーロッパのお宅です。木製、とはいえ、天井から壁面まですべてを木のタイル状の板を鱗のように覆ったとても不思議な形のファサード。素材が単一なので、屋根と壁との区別も難しいくらいです。森の木々にとてもマッチしており、まるで小人が住んでいるかのような印象すら与えます。こちらから見ると、窓もあまりないような家のように見えますが、この湖に面したお宅、湖側のファサードはすべてガラス張りになっているため、とても開放的なのです。玄関側の木のファサードからは想像できませんよね。

Eigentijds wonen in een rietgedekte villa Moderne huizen van Lab32 architecten Modern

Hulp nodig bij uw woonproject?
Neem contact met ons op!

Doe wooninspiratie op!