立体的な階段の演出best5 - インテリアに調和する階段のデザイン!

Offerte aanvragen

Ongeldig nummer. Controleer de landcode, het kengetal en het telefoonnummer
Door op 'Verzenden' te klikken, bevestig ik dat ik de Privacy en cookiebeleid heb gelezen en ga ik ermee akkoord dat de voorgaande informatie zal worden verwerkt om mijn verzoek te beantwoorden.
Opmerking: u kunt uw toestemming intrekken door privacy@homify.com te e-mailen.

立体的な階段の演出best5 – インテリアに調和する階段のデザイン!

K.Matsunaga K.Matsunaga
 Woonkamer door 藤原・室 建築設計事務所,
Loading admin actions …

階段は高さの違うフロアをつなぐ役割に欠かせないものです。階段ひとつとっても、デザインや配置、演出の仕方で空間に与える印象もまるで違うものに。建築基準法に照らし合わせると、階段のスペースはそれなりに必要な場合も多く、敷地環境によっては階段のスペースが家の面積に対する割合が多くなってしまう場合もあります。上下に通ずる階段だからこそ、より広く見せる方法や、階段によりもっと空間を有効的に使うアイデアもさまざまなものがあります。今回ご紹介するのは、立体的に演出された階段best5です。存在感を主張しすぎず、スマートに家のインテリアに寄り添う階段のアイデアを見てみましょう!

旗竿地の3階建狭小住宅

M+2 ARCHITECTS & ASSOCIATESの手がけたこちらの住宅は、1階にアトリエを持つ3階建の住宅です。約25坪の土地、接道2.5mの旗竿地と決してゆとりのある環境ではありませんでした。東京都の住宅地にありながら、幸い上空には何もないことから上からの採光の確保を試みています。3階建のため、階段は必須。アイアンでスケルトンとし、踏板をメッシュを採用することで階下まで光が落ちるのを遮りません。アイアンならではの造形性で曲線を取り入れ、間取りにも自由度が効くような効果を与えています。本住宅については「光を取り込み、光が広がる「天沼の家」」で詳細をご紹介しています。


設計事務所アーキプレイスの手がけたこちらの家は、デザインの仕事をしているご夫婦のためのアトリエ併用住宅です。都内の住宅街にありながらも、緑豊かな周辺環境に恵まれています。陶芸のアトリエを持ち、趣味のガーデニングも楽しめる庭があるため、まるで都内とは思えない優しい景色を持ち合わせています。スケルトンの階段室は吹き抜けとなっており、上から下まで光に溢れて明るさをもたらします。リビングの一角には陶芸作品を展示できるガラスの収納棚を持ち、階段からの光を室内にも取り込めるとともに、作品を美しく彩るインテリア性も兼ね備えています。本住宅については「 homify 360°: クリエイティビティが豊かな時を生む。「アトリエのある住宅」」で詳細をご紹介しています。


藤原・室 建築設計事務所の手がけたこちらの家は、間口が狭く、奥行きの長い長屋の一戸分に建つ住宅です。17.89m×3.94mという細長い敷地、さらに周囲に住宅がある環境での計画です。一番の懸念は、狭い間口から内部の有効幅が3mを切るということでした。いかに内部に開放感や広さを感じさせるかがこの家のテーマとなっています。奥行きを生かし、全面ガラスの高い吹き抜けを設け、奥側はフロアがレイヤー状に重なり合って構成されています。それぞれの階をつなぐ階段は存在感を感じさせないようなホワイトのスケルトン階段に。時にライトでドラマチックな影をつくり、シャープでモダンなインテリアとしてこの家を彩っています。本住宅については「都市を意識した透明感のある住まい」で詳細をご紹介しています。

正方形のモジュールを使ったシンプルモダンな家

井上久実設計室の手がけたこちらの家は、三方を隣地に囲まれた敷地に建つ住まいです。隣との一定の間隔を確保した結果、正方形の建物形状となりました。間取りは一間半をモジュールとし、四畳半を最小範囲とした割付が特徴です。リビングは吹き抜けを採用し、天井も垂木を見せる構造とすることで広々とした空間を実現。リビングの一角にアイアンの階段をつなげることで二階のロフトや、ホールとも一体となる開放感が魅力的です。階段がスキップフロアのテラスへとつながり、さらに二階へと上がる効率的な動線と、シャープで美しい存在感がインテリアをさらにエレガントなものにしています。本住宅については「homify 360°: 豊かな内部空間を持つ「赤坂台の家」」で詳細をご紹介しています。

ラブデザインホームズ/LOVE DESIGN HOMESの手がけたこちらの家は、住宅開発地に建つ2階建の住宅です。隣接建物が日当たりの良い南側に建ち、採光面での悪条件がありました。これを解消するため、建築家は1階と2階の中間層に照らすバルコニーを設けることを提案しています。1階、2階両フロアからもアクセスができ、採光や通風においても好条件をもたらすこととなりました。玄関を開けると、視線の先に中庭があり、スケルトンの階段が設置されています。視線や採光の妨げにならず、軽やかな印象で上階へと上がるデザインがインテリア性を高め、モダンな印象のある玄関となりました。本住宅については「中間階のテラスが創る豊かな住空間」で詳細をご紹介しています。

Eigentijds wonen in een rietgedekte villa:  Huizen door Lab32 architecten,

Hulp nodig bij uw woonproject?
Neem contact met ons op!

Doe wooninspiratie op!